下のグラフは、トヨタが世界シェア1位になった2010年の同社と韓国・現代自動車、米ゼネラル・モーターズ(GM)の地域別のシェアである。一見して明らかなのは、トヨタは日本と米国、東南アジア諸国連合(ASEAN)では強みを持つが、そのほかの地域は弱い点だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3566文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポンの六重苦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。