では、まずは一般的な六重苦にも挙げられている税と社会保障の負担から見てみたい。下のグラフは、現代自のアニュアルリポートを基に本誌が試算した同社の法人税負担率と、トヨタのそれである。