「六重苦」と呼ばれる外部環境の悪化が日本企業を苦しめ、競争力を奪っている。日米韓の企業を比較して分かるのは、投資と技術開発力を高める好回転の仕組みの有無。税を含む高回転の仕組みを作った韓国、重荷だけの日本。競争力低下の裏にそれがある。