今号の表紙デザインについて当初、「タイムマシンに乗ったドラえもん」という案が出ました。しかし、取材で集まる日本経済の未来像は「空洞化」や「財政悪化」など暗いものばかり。子供たちに夢を与える作風とは重なりませんでした。多くの悲観シナリオの根源は「人口の減少」に突き当たります。暮らしを営む人そのものが減ってしまっては、成長はあり得ません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り488文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題