開いた口が塞がらない――。鉢呂吉雄・前経済産業大臣の失言を聞いた時、多くの人がそう感じただろう。就任からわずか9日目で退任を余儀なくされた閣僚は、まさに複数の失言を放って新内閣に打撃を与えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1431文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題