再生可能エネルギー政策推進派で有名な飯田哲也氏と、『六ヶ所村ラプソディー』などの作品があるドキュメンタリー映画監督・鎌仲ひとみ氏との対談ブックレット。いわゆる「原子力ムラ」批判の箇所が多く、「エネルギーシフト」を論じているのは最終章の約20ページだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1378文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題