以前は盛況だったが今は不振のラーメン店を舞台とするビジネス小説。店主・大二郎は自らの流儀に頑なだが一人娘・春香が経営コンサルタントとともに改革に乗り出す。地域一番の商品を作るため塩、みそ、豚骨と広げたメニューをしょうゆに絞り質を高める。顧客の視覚や聴覚に訴える“劇場型”店舗を演出する。復活を目指す奮闘劇を描きつつ繁盛店のノウハウを示す。