今号の特集に掲載した100の技術の中に、遠隔医療システムがあります。過疎地の患者が遠くの病院に出向かなくてもよくなり、高齢化と医師不足が深刻な日本の医療の救世主と言えます。海外からの引き合いもあります。