海外戦略の遅れを取り戻すべく、子会社の一体運営を急ぐ。その先に見据えるのは、20~30年後に少子高齢化を迎える中国。日本で磨いたR&Dを武器に、グローバル企業と渡り合う。