顧客先の事務機やプリント枚数などを減らす業務効率化サービスに力を入れる。モノの販売から提案営業へ。組織を見直し、社員の意識改革も進める。顧客のコスト削減に成功すれば信頼を得て、機器も使ってくれる「両面作戦」と言える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4817文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2011年10月3日号 56~59ページより目次