我が社では個別企業に対するコメントは一切しないことにしているので、以下は一般論で述べることになるが、今、問題となっている精密メーカーのケースには怒り心頭である。