「絶対にできない」と言われた無農薬のリンゴ栽培に挑み、8年かけて実現しました。肥料も農薬も使わない―。当初は、近隣の農家からも冷たい目で見られました。畑は害虫だらけ、リンゴは実らず、収入が入らない。娘たちに食べさせるものがなくなり、雑草をみそ汁の具にしたこともあります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1236文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。