「絶対にできない」と言われた無農薬のリンゴ栽培に挑み、8年かけて実現しました。肥料も農薬も使わない―。当初は、近隣の農家からも冷たい目で見られました。畑は害虫だらけ、リンゴは実らず、収入が入らない。娘たちに食べさせるものがなくなり、雑草をみそ汁の具にしたこともあります。