増税論議が熱を帯びてきました。消費税や富裕者層への増税などが議論されていますが、個人的には「誰から取る」よりも先に、「漏れなく取る」ことを優先してほしいと思います。税の捕捉率が低く、真面目に納税している人がバカを見るような現状では、どんな増税案が浮上しても、多数が賛成するとは思えません。納税者番号制の導入などを通じて、捕捉率を高めることが、国民に増税を納得させるための、遠回りのようでいて、王道のような気がします。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り646文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。