米グーグルは11月16日、米国で音楽のインターネット販売を始めた。米ユニバーサルミュージック・グループなどと提携し、1300万曲以上を提供。販売した楽曲はクラウドサービス「グーグル・ミュージック」に保存し、パソコンやスマートフォンなどで再生する時に自動配信する。