福島第1原子力発電所の事故を契機に、原発技術の安全性に人々は疑問を持ちました。最先端技術を誇る日本で起きたのですから、そのことに疑いの余地はありません。ドイツ政府の脱原発宣言を受けて、原発事業に再参入すべきか、やめるべきか、社内で長く激しい議論が続きました。シーメンスはグローバル企業ですが、そのルーツはドイツにあります。エネルギー産業をリードする企業として、脱原発をいかに成功させるか、その解を社会に示す義務があると考え、原発事業に終止符を打つことを決めました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り875文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題