2億3000万人の国民を抱えるインドネシアは有望な消費市場だ。1人当たりGDP(国内総生産)は3000ドル(約23万4000円)を突破した。早くに進出した日本企業は中間所得層の消費開拓のために戦略を練り直す。