農業や漁業など1次産業のデザインにこだわる男が高知にいた。僻地の独自性が未来を拓く。そう信じて、地域のモノサシを描き続ける。観光とは光を観ること。その光源を作り直すことがこの国には不可欠だ。