農業や漁業など1次産業のデザインにこだわる男が高知にいた。僻地の独自性が未来を拓く。そう信じて、地域のモノサシを描き続ける。観光とは光を観ること。その光源を作り直すことがこの国には不可欠だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5312文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題