商売には、常に勝敗がついて回る。時に、苦杯を舐めることもあるだろう。だが、「負け」は最小限に抑え込むこと。決して、大敗を喫してはならない。一発勝負のスポーツと違い、商売は永続する。負け方にも流儀がある。