商売には、常に勝敗がついて回る。時に、苦杯を舐めることもあるだろう。だが、「負け」は最小限に抑え込むこと。決して、大敗を喫してはならない。一発勝負のスポーツと違い、商売は永続する。負け方にも流儀がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3754文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題