「東日本大震災によって、日本経済を束縛する条件は、『需要不足』から『供給不足』へと180度変わった」というのが、本書の出発点となる認識である。