東日本大震災は、日本の脆弱な防災システムを浮き彫りにした。災害の発生を早く、正確に伝えることは、人命を救う第一歩だ。ITを使う安定した災害告知のシステムが、その一翼を担う。