損害保険会社の海外市場攻略で第2の壁になるのは、日本のノウハウをどう進出先に持ち込むかだ。ことに難しいのは、海外進出した日本企業相手ではなく、地元企業、現地住民と契約する場合だ。保険を販売し、着実に契約を履行するために、日本の損害保険各社はノウハウを現地化し、それを従業員に浸透させる必要に迫られる。