損害保険会社の海外市場攻略で第2の壁になるのは、日本のノウハウをどう進出先に持ち込むかだ。ことに難しいのは、海外進出した日本企業相手ではなく、地元企業、現地住民と契約する場合だ。保険を販売し、着実に契約を履行するために、日本の損害保険各社はノウハウを現地化し、それを従業員に浸透させる必要に迫られる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1828文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題