国内市場が縮小する中、日本の損保が生き残りを賭けた海外市場開拓に挑んでいる。確かに欧米市場は巨大で、アジア市場は高成長が続くが、その開拓には4つの壁がある。その壁を、独自の営業戦略や社員教育、買収会社の活用などで乗り越えようとしている。