民間出身者として戦後初の駐中国大使就任から約1年4カ月。尖閣諸島問題、建設会社社員の拘束、レアアース規制など、緊張関係が続く。「信頼関係の修復から」と、愚直な相互の交流を続けることを説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3756文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題