「2位じゃダメなんでしょうか」。2009年11月、民主党政権の事業仕分けで蓮舫参院議員にこう指摘され、理化学研究所と富士通の「次世代スーパーコンピュータプロジェクト」は一躍有名になった。仕分け判定に猛反発したノーベル賞受賞者らと同様、富士通の開発責任者を務めていた井上愛一郎氏も「何でそんなことを言われなくちゃいけないのかと思った」と言う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1230文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題