テレビ事業の不振で今期は4000億円以上の最終赤字に陥る。国内主力5工場のうち、3工場を閉鎖・売却するリストラを余儀なくされた。「まるごと」事業1兆円を目指し「テレビ後」の成長を模索する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5944文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題