カネボウの子会社社長になった13年前から今日まで、正しい意思決定のために続けているのが自己流の「To Do」リストを使った情報管理です。