ディズニーにとって、日本は特別な市場だ。日本では今、子供の数が減り、高齢化が進んでいる。一方で、大人になってもキャラクターグッズを支持する人たちが大勢いる。バッグにキャラクターグッズをつける、携帯電話の待ち受け画面をキャラクターの絵柄にするなど、日々の生活の中で、若い女性たちは様々な用途でキャラクターを取り入れている。ここに、他国とは異なるビジネスチャンスがある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り917文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題