孫正義社長ほど毀誉褒貶が相半ばする経営者はいないだろう。ある人は「政商」とそしり、またある人は「志の人」と称賛を惜しまない。いずれにせよ過度な感情移入は人物像をゆがめる。等身大の孫氏を見つめてみよう。