転機を迎えたソフトバンクだが、本業の携帯電話事業では前ページまで見てきたようにまだ攻め口はあるようだ。これに加え、脱原子力発電を唱える孫正義社長の積極発言から、太陽光発電事業を新たな成長戦略と見る向きもある。だが状況はやや心もとない。何が起きているのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1452文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 孫 正義、試される突破力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。