これまでのソフトバンクの加入者拡大の原動力は2つあった。1つは自社内ユーザー同士の音声定額サービス「ホワイトプラン」。それが行きわたった頃にキラー端末のiPhoneが出てきた。携帯電話事業への参入から5年間、よく他社に対する優位を保ち、成長力を維持できたと高く評価しているが、状況は変わりつつある