ゲーム業界の王者が試練の時を迎えている。任天堂は10月27日、2012年3月期の連結最終損益が200億円の赤字になるとの見通しを発表した。通期の連結売上高は前年同期比22%減の7900億円、営業利益は99%減の10億円を見込む。最終損益が赤字になるのは、連結決算の開示を始めた1981年以来初めてとなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り539文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2011年11月7日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。