携帯電話参入から5年5カ月。ソフトバンクは加入者獲得で実質トップを独走してきた。だが、iPhone独占の終焉とともに、その優位性は薄れ、慣れない守備に立つ。常に挑戦者であることが存在理由だったソフトバンクは、次の攻め口をどこに求めるのか。