ソフトバンクと中国事業を共同で展開するスタートトゥデイの前澤友作CEOは孫社長との会食が忘れられない。参加者を豊富な話題で和ませながら、全員が楽しんでいるか常に気を配る。ホスト役を完璧にこなす傍らで、自分もしっかりと食事を楽しむ。場作りと仕切りのうまさに、感動すら覚えたという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 孫 正義、試される突破力」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。