羽田空港の再国際化から1年が経ち、異変が起きている。深夜早朝の北米本土線が、相次ぎ運休し始めているのだ。使い勝手の悪さを改善することが喫緊の課題となっている。