羽田空港の再国際化から1年が経ち、異変が起きている。深夜早朝の北米本土線が、相次ぎ運休し始めているのだ。使い勝手の悪さを改善することが喫緊の課題となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1442文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2011年11月14日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。