衆院の選挙制度改革を話し合う与野党協議で、今国会で「1票の格差」を2倍以内に是正することを優先し、議員定数削減や制度の抜本改革は来年の通常国会以降に先送りする公算が大きくなってきた。