「アップルのような格好いい会社になってほしい」。「白戸家」などのテレビCMやソフトバンクのロゴデザインを手がけたシンガタのクリエイティブディレクター、佐々木宏氏は2005年、孫正義社長にこう伝えたそうです。孫氏が社名変更も含めた企業イメージ刷新を検討していた時期。アップルの有名な「Think Different」のCMに孫社長を登場させた映像を披露しました。孫社長がスティーブ・ジョブズ氏を意識し始めたのはこの頃から。特集で判明したモバイル戦略に加え、アップル傾倒の背景には佐々木氏の影響も大きかったのかもしれません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り498文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題