日本がTPP(環太平洋経済連携協定)交渉に参加するかどうか、激しい論争が繰り広げられた。国内農業の保護を前面に押し出し、与野党ともに反対する議員が多い中で、野田佳彦首相はどう決断するのか。これが主要メディアの視点だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1527文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題