オリンパスの損失隠しを巡る第三者委員会の調査が進んでいる。12月14日までに決算開示したとしても上場維持への壁は高い。企業統治の徹底と医療事業存続の間で難しい判断が迫られる。