韓国は米欧2極との貿易自由化に打って出た。「貿易立国」の冠はいつしか日本から韓国へと移り、日本のグローバル企業は韓国とのつながりを模索する。TPP交渉参加にさえ二の足を踏む日本は、周回遅れを重ね、衰退への道を歩んでもいいのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7337文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 TPP亡国論のウソ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。