零細な農業構造を固定化し、「強い」農家の育成を怠ってきた日本。守るだけの農業から転換し、経営効率を高め、“稼げる”農業を目指す。それなしに、高いレベルの経済連携の実現はあり得ない。