曰く、「農業が壊滅する」「国民皆保険制度が崩壊する」「命と暮らしが危ない」…。TPP交渉参加阻止に向け、反対派が流布する「亡国論」が幅を利かせている。曲解や俗説を排し、交渉参加の利害得失を冷静に分析するのが先決だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8762文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 TPP亡国論のウソ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。