石川と内海哲也のエース対決は「2-2」のまま延長戦に突入した。そして、制限時間ギリギリの延長11回裏、執念の采配が実を結ぶ。宮本慎也の死球で無死満塁という絶好のチャンス。だが、相川亮二、続く代打・藤本敦士が凡退して2死満塁になった。打者は青木。2010年まで6年連続で3割をマークしている強打者だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1114文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題