小川淳司監督が率いたヤクルトの戦いぶりは、企業人にとっても示唆に富む。戦力を見極め、適材適所の用兵と場面に応じた戦術で、シーズン最後まで激闘を続けた。内部昇格のトップがチームを立て直す―。そのマネジメント手法を見ていこう。