成果を焦らず、目の前の仕事を積み上げていく。それが、やがて大成につながる。会社も商売も、ルールは変えられない。文句を言う前に、行動せよ。いつでも仕事を楽しめる人間であれ。それが、プロの商売人の心得だ。