「インフラストラクチャー&シティ」と呼ぶ新たな部門を立ち上げた理由は、都市インフラ事業が世界的に見ても魅力的な成長領域だからです。急速に進む都市化は、今後の世界経済を左右する “メガトレンド”になっていて、世界のトップ600都市は、全世界のGDP(国内総生産)の半分を生み出しています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1685文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 伸びゆく世界都市100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。